民事再生は住宅ローンなどを含めた重債務に陥っている人々のために住んでいるマンションを維持しながら経済的に立ち直るための法による債務の整理の方法として適用されるようになったルールです。この法律には、自己破産制度とは違い免責不許可となる要件はないので、賭け事などで債務ができたような場合もこの手続きは取れますし自己破産をすることで業務が不可能になってしまう業界で生計を立てているような方でも民事再生は可能です。破産の場合には住んでいる家を手元に残すことはできませんしその他の債務処理では、借金の元金は支払っていく必要がありますので、住宅のためのローンを含め支払い続けるのは多くの人にとっては簡単なことではないでしょう。民事再生を採用することができれば、住宅のためのローンを別とした借入は少なくない額を減ずることも可能なため十分に住宅のためのローンを返済しつつあとの借金を支払っていくようなこともできるといえます。ただ、民事再生という方法は任意整理や特定調停といった手続きと違って一部分の借り入れを切り取って手続きをすることは許されていませんし破産申請の場合のように借金それそのものなくなってしまうということでもありません。また、他の方法と比べると手続きが手間が必要ですので住宅のローンを組んでいて住んでいる家を維持したい場合など以外において破産宣告のような他の整理方法がない時だけの最後に考える手段と見ておいた方がいいでしょう。

Copyright © 2002 www.voiceofbaritone.com All Rights Reserved.